スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 日曜日(11日):日立「角記念美術館」

日曜日:地元・茨城県日立市へ久しぶりに帰ってきました。
日立
私の実家近くにある公園の桜です。
日立は東京に比べ桜の開花がだいぶ遅れており、この2、3日がちょうど見頃だったそうです。タイミングが良くてラッキー☆

日立市は桜の町です。東京で見る桜も綺麗だけど、やっぱりここの桜はとても好きです。

で、この桜に少しだけ関連する話…。

久しぶりの帰省で驚いたのが、
駅近くに「角記念美術館」という美術館が新しく出来ていた事です。(今月3日にオープンしたばかりでした。)

茨城県出身で日立市に縁のある、[角浩 画伯]の記念館です。


ここからは、祖父に聞いた話ですが、

角浩氏のお父様は、日立鉱山第4代所長 角弥太郎さんだそうです。
この弥太郎氏は、鉱山の煙害問題に取り組んでおられて、町の美化のため、至る所にオオシマザクラやソメイヨシノを植栽したそうです。そのおかげで、日立市は桜の町になったのでした。

角記念美術館は、
角浩氏の作品を常設するというより、普段は画廊として(貸しか企画かは分かりませんが…)若手作家の展覧会等も行うらしいです。

ちょっと面白そうです。また帰ってきたら覗かせて頂こう☆
スポンサーサイト

 コメント

 コメントフォーム













 秘密コメント

 トラックバック

 トラックバックURL

Material by 青の朝陽と黄の柘榴/Template by Ophelia
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。